カリソルブ、ペリソルブ治療について

カリソルブ療法

適応:う蝕治療

病的組織に対してのみ反応するので、健康な組織を守ります。

ペリソルブ療法

適応:歯周治療

壊死組織を溶解して、歯の表面から歯石を取りやすくします。

認定医

院長:藤田 徹

歯科医師:田代 香織

カリソルブとは?

虫歯だけをやわらかくし、健康な組織に影響を与えません。
大切な神経に触れずに、治療後の歯を健康な組織を守る虫歯治療です。

施術後、歯の表面はどのように見えますか?

霜で覆われたような表面と表現できます。
スメア層がなく、詰め物をする部分が広がった状態です。

う触部分以外にカリソルブがついても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。健全な歯には作用しません。
また、歯肉についても大丈夫です。

どのような状態になったら虫歯の穴に詰め物ができますか?

ジェルの濁りがなくなり、象牙質の表面が硬くなったと感じたら、ジェルの塗布をストップします。

ドリルで削るのに比べて、カリソルブは長く時間がかかりますか?

いいえ。初期のカリソルブが発売された当時は、作業方法が現在と異なってうたので、ドリルで削るよりも時間がかかっていました。
現在、ハンドインスツルメントを使う治療時間は平均5.2分※です。

新しいカリソルブ・システムの低侵襲性バーのいかげで、短時間でできるようになりました。多くの症例で、カリソルブを使う方が(ドリルよりも)早くできます。

歯根う蝕の場合、一度に複数箇所にカリソルブを塗布すれば、時間が節約できます。
深在性う蝕の場合、カリソルブが健康な象牙質とう蝕を識別するので、歯髄の露出リスクが減り、時間のかかる根管治療を行うリスクを避けることができます。

子どもや歯科治療恐怖症の人を治療する場合は、何回も通わず1回で治療を済ませることができます。

※メーカー調査結果に基づきます。

ペリソルブとは?

歯周病の原因である菌と菌に侵された歯垢や歯石をペリソルブを塗布して殺菌除去する治療法です。

ペリソルブを使った歯周病治療は、治療中のお口の中を清潔に保ち、様々なリスクを回避し、健康な歯と歯肉を維持することで全身の健康維持にもつながります。

ペリソルブのメリットは何ですか?

1、歯石、歯垢が柔らかくなるので作業性が上がります。
2、歯周ポケット内の菌が殺菌されるのでSRPやPMTCの時のリスク軽減に役立ちます。
3、スケーリング等による細菌の飛散を防ぐことができます。
4、ペリソルブは試験を受けて安全性が確認されています。
5、ペリソルブは健康な組織に影響を与えず、菌に対してのみ作用します。

患者様の利点は何ですか?

歯根表面と手動式インスツルメントとの摩擦が軽減されるため、患者様にとってもスケーリングとルートプレーニングが楽になります。

ペリソルブは安全な製品ですか?

歯周病治療目的で使用する際に危険はありません。
有効主成分は低用量の次亜塩素酸塩とアミノ酸で、液は使用目的に合うよう特別配合されています。 研究では、これらの容量の次亜塩素酸塩とアミノ酸の組み合わせで副作用は起きないことが示されています。

歯肉や粘膜には影響を及ぼさず、患者様にも不快感を与えないことが示されています。 本製品は、スケーリングおよびルートプレーニングの用途としてスウェーデン医療製品庁(Swedish Medical Products Agency)の承認を受けています。

副作用はありますか?

副作用は報告されていません。
上記「ペリソルブ安全な製品ですか」欄もご覧ください。

お問い合わせ

055-979-8194

お気軽にご相談下さい。

PageTOP

初めて来院される方は こちらをご覧ください

スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

治療の流れ

当院の治療の流れがわかります。「歯なんか、痛くなければ良いんだ!」とおっしゃる患者様には向いてないかもしれません。

院内感染予防

当院では殺菌効果のある「次亜塩素酸水」を使用しています。